EPO

EPO

EPO

日本国内外にて様々な「場」でのコンサートを積極的に展開中。
「声」という楽器を通じ、現代音楽をはじめ、
様々なジャンルのミュージシャンとの、実験的な音楽交流も注目されている。

パフォーマとしての重要なフィールドワークとして、
「歌うこと」の原点とも言える居酒屋での「流し」
沖縄那覇平和通り商店街での、「大道芸」も定期的に行うかたわら、
ホール、教会、寺、病院、ホスピス、学校など、
「場」や「客層」に合わせたユニークなコンサートメニューが、
話題となっている。

胎教ライブをはじめ、高齢者対象のライブ、
子供同伴で父母が聴けるライブなど、popsのジャンルを超えた
ライブのあり方にも積極的に取り組む。

EPOのオリジナル作品と芝居を合わせたユニークな舞台『THEATORICAL EP0』は、
パフォーマーとしての彼女の新しい表現スタイルとして、
注目を集めている。

2004年より、カウンセリング・スタジオ『MUSIC&DRAMA』を開業。セラピストとしても多くの心の問題に関わる。
神奈川県の葉山にて、声のカウンセリング、心のカウンセリングを行う。

http://www.eponica.net

A singer-songwriter and therapist. Her debut ‘Down Town’ was released in 1980. Since then she has had several hit songs such as ‘Doyo no yoru wa paradise’, ‘U-fu-fu-fu’, and ‘Ongaku no youna kaze’. In 1988 she moved to Britain and had a contract with Virgin UK. There have been a lot of successful overseas activities including a Central and South American tour. After returning to Japan she changed from pop to a healing style which expresses EPO’s own self and has gained attention from a wide range of people of all ages. Now she is using her voice as an instrument and is performing unique musical activities not just in concert halls but also in events for pregnant women, and at hospitals and hospices.

http://www.eponica.net