Trans Asia Music Meeting 2017 海外登壇者情報2

Sharon Long
(中国 / China)
WANTU MUSIC / Overseas Project Purchaser

ピアノ、フルートの教師として音楽トレーニングに従事、ジャズミュージシャンやフリーランスのパフォーマーとして活動した後、2013年にイギリス・リバプール大学で、MA音楽産業修士号を取得。
2015年、海外プロジェクト・マネージャーとして中国のインディーズレーベルTreemusicで業務を行う。2016年にはA.C.ORANGE傘下の新しい音楽会社WANTU MUSICに入社、海外のプロジェクトパーチェイサーを担当。アーティストマネージメント、ツアー業務、デジタル配信、プロジェクトのプラン、交渉、実行を行う。

*****

Igor Lagutenko
(ロシア / Russia)
V-ROX Director of International Relations

ロシア・ウラジオストクで開催される国際音楽・カンファレンスフェスティバル「V-ROX Festival」の海外関係担当ディレクター。イベントに出演する国際的に有名なアーティストとの出演契約交渉も担当する。
「SXSW(South by South West)」をはじめ世界の様々な音楽見本市で「V-ROX」をプロモートしており、イギリス、韓国、アメリカをはじめ、世界各地のアーティストやバンドと共に仕事をしている。
ロシアのインディーズバンドMumiy Troll、イギリスのEchotapeなどのアーティスト・マネジメントにも携わり、その国際的知名度を上げることに一役買っている。
また、モスクワとウラジオストクでMumiy Troll Music Barsの経営にも関わる。
音楽とアートは現代のフェスティバルにおける強力なツールであり、それを上手くコラボレートさせることが成功を得るための重要なポイントと理解している。彼は、Mumiy Troll Music Barsなどのプラットフォームを通じて、ローカル、インターナショナルを問わずアーティストを育成することに力を注ぐ。

*****

Kaushik Dutta
(インド / India)
Song of Soul / Kolkata International Music Festival / SOS Productions / I-MEX Founder /CEO /Artistic Director

数多くのインドと中東の古典弦楽器、管楽器、そして打楽器を演奏することができる多才なミュージシャンで、世界各地で300以上の公演を行っている。またボリウッドの映画や国際的なシアタープロジェクトの音楽制作なども行っている。
80年代後半に「ソング・オブ・ソウル」を設立。以来、世界中のルーツミュージシャン、フォークソングミュージシャンと共演してきた。さらに、インドで最も有名な音楽祭「コルカタ・インターナショナル・ミュージック・フェスティバル」を創設し芸術監督を務める。 過去6年間、このフェスティバルでは、27カ国以上から158人のミュージシャンを迎えた。 また、アジアの音楽とミュージシャンを世界の音楽仲間に紹介するフラッグシッププロジェクトIMEX(India Music Expo)の芸術監督も務める。
海外の多くの音楽祭、見本市などでスピーカーとしても活躍中。

*****

IN, JAE JIN
(韓国 / Korea)
Jarasum International Jazz Festival founder / artistic director

韓国最大のジャズフェスティバル、ジャラサン国際ジャズフェスティバルの創設者で、芸術監督を務める。また1,000を超えるジャズ・コンサートを制作している韓国の有力音楽プロデューサーでもある。光州世界音楽祭ディレクター、ハウーン大学音楽ビジネス教授を務める。
ジャラサン国際ジャズフェスティバルは2004年にスタート。ジャラサンは北漢江の島で、長らく人が住まず、名前のない無名の島だったが、フェスティバルの規模が拡大するにつれて、韓国有数のキャンプ場として発展した。
彼はまた「Jazzahead! overseas night」のアーティスト選考審査員などの形で、国際的な音楽イベントにも参加している。

「Trans Asia Music Meeting 2017」参加申し込みはこちらから
http://musicfromokinawa.com/tas2017-form

Posted in NEWS.