『Trans Asia Music Meeting 2017』アウトライン    参加申し込みはこちらから

Trans Asia Music Meeting 2017 アウトライン

“Music from Okinawa”では、沖縄音楽を海外に紹介することと、アジアの音楽ネットワークを構築することを目的に、1月21日(土)・22日(日)の2日間、 “Trans Asia Music Meeting 2017” を開催します。
ソウル、北京、台北、コルカタ、ウランバートル、クチン、ウラジオストクなど、アジア各都市から音楽関係者を招きます。沖縄の多くの音楽関係者の参加をお待ちしています。

申し込みはこちらから
http://musicfromokinawa.com/tas2017-form
※基調講演「沖縄音楽、その海外での可能性」(宮沢和史氏)は定員達成のため受付終了しました。

◎Trans Asia Music Meeting 2017

日程:2017年1月21日(土)・22日(日)
会場:桜坂劇場 (那覇市牧志3-6-10)
テンブスホール(那覇市牧志3-2-10 4F)
桜坂セントラル(那覇市牧志3-9-26)

登壇者の情報はこちら
http://musicfromokinawa.com/archives/1104

スケジュール
◎1月21日(土)
13:10 基調講演「沖縄音楽、その海外での可能性」(宮沢和史氏)

 沖縄音楽に精通し、多くのワールドミュージックにも触れてきた宮沢氏に、これまでの経験を踏まえ、沖縄音楽を海外のマーケットに売り出していくために、プロデューサー、アーティストの視点から提言をしてもらう。(同時通訳)

14:30 プレゼンテーション「海外ツアーの作り方」 (Kwangmin Seo氏 / Laybricks / 韓国)

 海外ツアーを積極的に行っている韓国の2人組Laybricks。彼らがどのように海外ツアーを実現しているのか、より具体的な話を、34日間で27公演を行ったロシアツアーを例に紹介してもらう。(同時通訳)

15:30 オフィシャル・ショーケース
17:00 1on1 ミーティング

 海外の音楽関係者と1対1で面談できる場です。直接の売り込みはもちろんですが、アジア各国の音楽シーンを直接のやりとりを通して体感してください。1セッション15分間。やりとりは英語となります。なかなかない機会です。ぜひ積極的にご参加ください。
*「Music from Okinawa」のサンプル音源に収録されたアーティストの優先枠を設けています。それ以外は当日のサインアップ(申し込み)となります。

19:00 公式レセプション

 どなたでもご参加いただけます。ぜひ懇親を深めてください。会費2,500円
会場:桜坂劇場・さんご座キッチン

申し込みはこちらから
http://musicfromokinawa.com/tas2017-form

◎1月22日(日)
11:00 ラウンドテーブルA(アジアの音楽関係者によるプレゼンテーション)
・モンゴル/マレーシア/台湾/韓国
12:45 ラウンドテーブルB(アジアの音楽関係者によるプレゼンテーション)
・中国/ロシア/インド

 各テーブルを囲む形で、アジア各国で音楽に携わる人々が、それぞれの国の音楽状況や自身が関わる音楽フェスティバルについて紹介します。もちろん質問も受け付けます。(逐次通訳)

14:00 カンファレンス「アジアの音楽ネットワークを機能させるために」

 アジアからの参加者が、アジアの音楽ネットワークの構築についてディスカッションを行います。音楽を通していかにアジアの国々をつなげていくのか。その可能性を探りながら、共同のアジェンダ(行動指針)を発表予定です。(同時通訳)

16:05 オフィシャル・ショーケース

申し込みはこちらから
http://musicfromokinawa.com/tas2017-form

問合せ=桜坂劇場098-860-9555

主催:Music from Okinawa/株式会社クランク
平成28年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業
支援:沖縄県・公益財団法人沖縄県文化振興会

Posted in NEWS.