ARAGAKI Mutsumi

新垣睦美  
http://www.aragakimutsumi.com
歌三線 vocal  electronics  effect  作詞作曲編曲
大阪外国語大学(現 大阪大学)スワヒリ語学科卒

沖縄伝統音楽を軸にコンテンポラリーなサウンドと民族音楽を革新的に融合、ディープなオキナワン グルーヴ&ソウルを核とした斬新な沖縄音楽を創造。ソウルフルで洗練されたユニークなサウンドは、海外の音楽評論家や音楽家からも高い評価を得る。
 
沖縄音楽の巨匠普久原朝喜、普久原京子の孫弟子。日本屈指のジャズボーカリスト与世山澄子にVOCALを師事した。Salif Keitaの元ギタリストでコラの名手でもあるマリ出身のミュージシャンMamadou DoumbiaとDuo共演。

世界的権威のあるイギリスのworld music 雑誌 SONGLiNESにて音楽評論家John Potterにより紹介された。坂本龍一の番組RADIO SAKAMOTOのオーディションコーナーにオリジナル曲「Spinnin’ Around?」がノミネート。同曲のビデオは、SXSW 2016 (アメリカ) のストリーミングにも選出。オリジナル曲「Too Much Love」が、舞台「The Drumming((公財)沖縄県文化振興会制作 演出:平田大一 音楽:宮沢和史)の挿入歌として採用。ワールドミュージックの世界最大級エキスポであるWOMEXにて配布された”Music from Okinawa” (沖縄音楽サンプルCD)に3曲採用。イギリスの音楽評論家Paul FisherのFar Side Radioで楽曲がオンエア。world musicサイトEthnocloud世界チャートにてソロ演奏ビデオ2位。 2016 New Narratives Film Festival(台湾)出演、ソロ演奏。Trans Asia Music Meeting 2017( 沖縄)showcase にてソロ演奏